スポンサードリンク

ドクターマーチン / Dr. Martens

ブランドドクターマーチン
英語表記Dr. Martens
対象年齢15歳 ~ 40歳位
ターゲットトレンド層にはブーツ、アダルト層にはビジネス
イギリス/ドイツ
会社ドクターマーチン・エアウエアジャパン株式会社
スタイルカジュアルコンテンポラリーその他ヨーロピアンカジュアルアウトドアロックモッズパンクグランジ
公式サイトhttp://www.dr-martens.co.jp
Facebook Pagehttps://www.facebook.com/drmartensJapan
公式TwitterDocMartensJP

ドクターマーチン(Dr. Martens)とは、ドイツ軍医師のクラウス・マルテンス(Klaus Maertens)博士によって生み出されたブーツブランド。マルテンス博士が開発した世界初のエアクッションソールと高品質なアッパーを特徴としている。1952年にはゼースハウプトに工場を設立。その後、海外展開を狙ってパートナー募集の広告を出したところ、間もなくイギリスの老舗靴メーカー「R・グリッグス社」が名乗りを挙げて特許権を買収した。

1901年より続くR・グリッグス社の豊富なノウハウによりエアクッションはさらに改良され、名称は「マルテンス(Maertens)」から英国式の「マーチン(Martens)」へ変更し、イエローステッチを加え、ヒールタグには商標「AirWair」を記載した。そして1960年、イギリスで最初の「ドクターマーチン」となるモデル「1460」を発売するや否や労働者階級から絶大な支持を受け1960年代を通して大人気となる。その後もモーズ、パンク、ロックなどイギリスのユースカルチャー・サブカルチャーとの結びつきによって発展した。現在は、ブリティッシュカジュアルスタイルのウェアも展開している。

ドクターマーチン (Dr. Martens)の関連ブランド

ドクターマーチン (Dr. Martens)の関連ブランドとして、以下のブランドが服DBに登録されています。

ドクターマーチン (Dr. Martens)の沿革・歴史

1901年英国ノーザンプトンで「R・グリッグス社」設立(現在の会社)
1945年独国でクラウス・マルテンス博士が新しいブーツのアイデアを思いつく
1952年独国ゼースハウプトに工場を設立(前身の会社)
1960年R・グリッグスがエアクッションの特許を獲得し、ファーストモデル「1460Z」発売
1998年ドクターマーチン・エアウエアジャパン(株)」設立(日本法人)

ドクターマーチン (Dr. Martens)の服DB内アイテム検索

ドクターマーチン(Dr. Martens)のアイテムを服DB内で検索したところ31件見つかりました。

ドクターマーチン (Dr. Martens)の主なショップ・店舗

服DBに登録されているドクターマーチン(Dr. Martens)の取扱店舗は、35店舗見つかりました。以下はその一部の店舗です。

公式オンラインショップ
※オンラインショップ
DMI HARAJUKU
東京都渋谷区神宮前4-27-3
DMS GINZA NAMIKI ST.
東京都中央区銀座1-4-6 第1ナスダ銀座ビル 1F
Delito
神奈川県横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービル 1F
UMEDA
大阪府大阪市北区茶屋町4-17
NAGOYA
愛知県名古屋市中区大須3-13-18
SAPPORO
北海道札幌市中央区南2条西4 地下街ポールタウン
DMF FUKUOKA TENNJIN
福岡県福岡市中央区大名1-14-14 立花ビル 1F
SENDAI FORUS
宮城県仙台市青葉区一番町3-11-15 仙台フォーラス 7F

※移転・閉店・取り扱い終了の可能性がありますのでご注意ください。

スポンサードリンク